So-net無料ブログ作成

七つの大罪最新238話ネタバレ確定!激戦する魔人族と四種族の戦いが展開 [漫画]

スポンサードリンク





七つの大罪238話のネタバレになります。

メリオダスを奪還しようとする師匠のチャンドラー。

238話では七つの大罪との激しい戦いが展開されます。



スポンサードリンク





魔神族のチャンドラー対女神、妖精、巨人、人間の四種族の戦いですが、ほぼ全ページで技の描写か技名が登場する激しさです。
メリオダスの師匠チャンドラーです。

メリオダスの師匠だけあって「全反撃(フルカウンター)」の使い方が上手いです。

まず妖精族のキングに「全反撃(フルカウンター)」で攻撃します。
ゴウセルに隙を突かれて合技「天空の光弓(セレスティアルアロー)」を喰らいますが、魔法防御壁で最小限のダメージで済みます。

そのゴウセルに対しては「絶対強制命令(アブソリュートオーダー)」で自分の命令に一切逆らうことを禁じます。

チャンドラーがゴウセル出した命令は「自分の邪魔をするな」です。



女神族のエリザベスには「竜爪(ドラゴンファング)」で攻撃。

巨人族のディアンヌには「真紅の葬送(クリムゾンレクイエム)」で溶かそうとします。

人間族であるバンへ攻撃する描写はありませんが、とにかくチャンドラーの強さが際立っている印象です。

ただ、七つの大罪もマーリンとエスカノール、メリオダスの約半分がいない状態ですが負けていません。

次は四種族の活躍を紹介します。



スポンサードリンク





四種族とは?

女神族、妖精族、巨人族、人間、この四種族は三千年前から争っている怨敵同士で、メリオダスと交わってはならない種族だとチャンドラーは言います。

女神(エリザベス)
エリザベスはメリオダスの側を片時も離れません。
チャンドラーとの戦いには参戦できませんがメリオダスの側を離れません。
正確にはメリオダスの側を”離れられない”のでしょうが、絶対に離れません。

妖精(キング)
ゴウセルとの「天空の光弓(セレスティアルアロー)」をチャンドラーに食らわせ、霊槍シャスティフォルの第五形態「増殖(インクリース)」も見せます。

さらに第二形態「守護獣(ガーディアン)」でチャンドラーを殴ります。

巨人(ディアンヌ)
前回、チャンドラーの「極微(ミクロスコピック)」で体が小さくなったディアンヌ。
238話でも引き続き全裸です。
自身の体を鉱物に変化させる「重金属(ヘビメタ)」で、チャンドラーの攻撃からエリザベスを守ります。

人間(バン)
ここ最近見せ場なないバンですが、238話でやってくれます!!
チャンドラーの攻撃からエリザベスを守ろうとするディアンヌ、そのディアンヌを守ろうとするキング。このままではエリザベス(女神族)、ディアンヌ(巨人族)、キング(妖精族)の三人が全滅という状況で、三種族を助けたのはバン(人間)でした。


種族不明のゴウセル
238話は魔神族と四種族の戦いとなっていますが、種族不明のゴウセルも活躍します。
キングとの合技「天空の光弓(セレスティアルアロー)」では、最初に幻覚を見せてチャンドラーに「全反撃(フルカウンター)」を空振りさせます。
空振りした一瞬の隙にキングに「天空の光弓(セレスティアルアロー)」を撃たせチャンドラーに喰らわせます。「天空の光弓(セレスティアルアロー)」は肉体だけではなく、精神にもダメージを与えるようでチャンドラーは目眩を起こします。どうやら魔力消費の精神攻撃が仕込まれていたようです。
合技「天空の光弓(セレスティアルアロー)」の形状を見ると完全にキングの技ですが、どこにゴウセルの要素があるのかと思ってましたが、精神ダメージの方でしたか。ゴウセルの種族はあまりストーリーには関係ないのかもしれませんが、強いて言うなら「ホムンクルス(人造人間)」とかが有力なのでしょうか。



238話は終始魔神族と四種族の戦闘シーンです。

やはり戦闘シーンはテンション上がりますね。

個の力で戦う魔神族チャンドラーと、仲間の力で戦う四種族の七つの大罪。

「絶対強制命令(アブソリュートオーダー)」を受けたゴウセルは、操られているわけではないので大丈夫です。

来週も続きの戦いが楽しみです。



スポンサードリンク


コメント(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。